2016年05月15日

ヒジキのお話

160502ヒジキ.jpg今年はワカメが不作だった?

もしかしたら、ことごとく誰かがとった後だったのか?

とにかく数回にわたり釣りのついでに見回ってみたが、絶対にあるはずの場所に無い、、、晩のお味噌汁の具材程度で充分なのに、それも無い、、、そんな事で、手ぶらで帰るのも悔しいので、普段はスルーしていたヒジキを試しに持ち帰ってみた。これまでも、とっている人を見たことなくてどうしてだろう?と思っていた。もしかしてヒジキじゃない?イヤどう見てもヒジキだよなぁ〜(^^;

家族に言わせると、いくらヒジキと言っても、お金出して買ってるんだから、とってきてよと言う。一面のヒジキ畑になっているポイントはいくつか知っているので、ある程度の量をとるのにたいして時間はかからない。しかし問題は持ち帰ってからの手間ですかね。

先ずはコトコトと4時間程、煮込むのです。量が多ければこの時間も伸びます。その後、天日干しで2〜3日。そうして手間と時間をかけて出来上がったヒジキは驚くほど小さくなっちゃいます。。。海藻類は全てそうですが乾燥すると小さくなりますね。

まぁ確かのスーパーなどで買うヒジキより歯ごたえも味もいいです!体にいい食品なので、たまには頂いて手間ひまかけて作るのもいいかもしれません。そんなヒジキのお話でした。
posted by BAKU at 21:24| Comment(0) | ちょっとしたお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: